ワンマンス・ワンアクション 2014 7月号

こんにちは!
先月から始まった、長く脱原発あくしょんを続けるため、毎月ひとつは何かをやろう!っていうお知らせの7月号です。

毎月初め更新の予定なんだけど、4日になってしまったのには実はわけがあるくま。

ぼくのマネージャーさん達は、平和が大好きな人たちばっかりなので、そうりだいじんが、けんぽうのかいしゃくを変えようとしてることに、ここのとこずーっと怒ってて、抗議にいったりプラカード作ったり、色んなかつどうをやってたんだそうです。
そうりだいじんは、国のみんなの意見をもっときいてほしいくまよ〜〜。

さて。
今月のおすすめあくしょん。


◎夏はこれだよ!ふくしまkidsデザインTシャツ!

fksm_kids_tもう少しで夏休み!
ちびっこたちおまちかねの季節!
夏休み元気に遊ぶための大事なアイテムは?
そう、おっしゃれ〜〜なTシャツくま!

ふくしまkidsデザインさんのメッセージです。

ふくしまkidsデザインは、

「3.11で被災したふくしまの子どもたちに描いてもらった絵をもとに、

Tシャツを始めとするステキなモノをつくり、

その販売収益を全額、ふくしまの子どもたちに寄付する」

という市民プロジェクトです。

そして出来上がったのが、

福島県南相馬市「よつば保育園」の子どもたちが描いてくれた絵から作ったTシャツたちです。

すてきくま〜。Tシャツを着ることで、南相馬のちびっこたちと、気持ちがつながっていくんだね!
今年は2014年の新カラーも6色登場
ちびっこたちのきゅーと&まあべらすなイラストと、ステキな色の組み合わせ。
今の夏はこれできまりクマ!


  ◎これは定番!あさこはうすさんにお手紙を書こう!

asakohausu

青森県の大間町では、大間原発のけんせつが進められているんだけど、その敷地内に、けんせつをしている会社がまだ買い取っていない土地があるんだって。
持ち主の熊谷あさこさんが、原発を大間につくってほしくないって、売らなかったんだそうです。
いまは娘さんの小笠原厚子さんが、お母さんのおもいをひきついで、土地を守っていますくま。

あさこはうすさんの土地と家は、けんせつ予定地のまんなかにあって、けんせつをしている会社は、家に続くみちをフェンスで囲んで、その外を工事してるんだって。
厚子さんは、人としてあつかわれていないようでつらい、と・・。
ぼくも悲しいくま・・。

この道が人の通る道として、ずーっとつかわれ続けることは、原発けんせつ反対のためにもだいじなことなんだそうです。
そのために、郵便屋さんがまいにち通うよう、お手紙大作戦を全国のみんながやっています。
みんなも、お手紙、おはがきを出してみませんか?
季節のお便り、はげましや感謝の気持ちをぜひつづってみてくださいくま!
あさこはうすさんについては、ここの記事が詳しいくま!

『shut泊』さんサイト内ページ
http://japansafe.net/asako.html

宛先
〒039-4601
青森県下北郡大間町大字大間字小奥戸396
あさこはうす内 小笠原厚子 宛

※最近、あさこはうす応援プロジェクトっていうのを、厚子さんの知らないところでやってる人がいて、厚子さんも困ってるみたいくま。
その人のTwitterアカウントは★asakohouse_ouen(★を@に)だけど、こちらの活動のフォローや応援は見合わせた方がいいくま。

公式はこちらくま! @asakohouse


◎さようなら原発 1000万人アクション

synr1000manこれまで脱原発あくしょんしてきた人は、もう署名すんでるかもくま?
じゃあ、身の回りに、「やっぱり原発いらないよね」って最近思うようになって、「何か行動で気持ちを表したいな」って言ってるおともだちいないくま?
なら、まずはこちらのオンライン署名がいいかも。

脱原発署名ではベテランさんだけど、1000万人までがんばるぞ〜〜!って続けてるくま。
2014/06/18までに、オンライン署名した人 8432030 人!
はっぴゃくまんこえてるくますごいくま〜〜!

ぜひぜひ1000万人たっせいのために、ご紹介してくださいくま!


◎映画紹介『A2-B-C』、大阪京都上映!

先月もご紹介した映画「A2-B-C」が、大阪・京都で上映されますくま!

 大阪:第七芸術劇場にて初週(7/5-7/10)①10:00②14:30
*7/6の2回と7/7の10:00の回に監督舞台挨拶
第七芸術劇場公式サイト http://www.nanagei.com

京都:京都シネマにて初週(7/5-7/10)19:40~
*7/6監督舞台挨拶
京都シネマ公式サイト http://www.kyotocinema.jp

A2BCA2、B、C。これは、甲状腺に発生した嚢胞(のうほう)や結節(しこり)の大きさによる判定レベルのことだそうですくま。

原発が爆発して散らばった放射性物質のひとつ、放射性ヨウ素による被ばくで、甲状腺ガンの可能性が高くなるっていうのは、チェルノブイリでも分かったことなんだけど、とてもとても悲しいことに、福島のこどもたちにも甲状腺の異変が見つかってるんだくま・・。
この映画は、日本にすんでるアメリカ人監督イアン・トーマス・アッシュさんが、そんな異変が起こる中で暮らし続ける福島の子どもたちを追ったドキュメンタリーなんだくま。
関西のみなさん、ぜひご覧下さいくま。


 ◎ルポ 原発作業員 2 ~事故から3年・それぞれの選択~

0802_etv8月のETV特集だけど、月初めの放送なので早めにお知らせしますくま。

2014年8月2日(土)午後11時00分~
【再放送】2014年8月9日(土)午前0時00分 ※金曜日深夜 

番組サイトから転載しまくま。

40年ともいわれる「廃炉」への道を歩み出した福島第一原発。その現場を支えているのは 1日あたり4,000人といわれる原発作業員たち。しかし、その日常が報道されることは少ない。
彼らは、いまどんな思いで、それぞれの仕事に向き合っているのだろうか。
ETV特集では、2年前に「ルポ 原発作業員~福島原発事故・2年目の夏~」を放送。
その後も、地元福島の下請け企業の協力を得ながら、彼らの日常を記録し続けてきた。
事故から3年たったといえ、現場には高線量の汚染エリアがある。作業員の被ばく限度は5年で100ミリシーベルト。増え続ける線量をいかに抑えるか、困難な試行錯誤が続いている。
一方、コスト削減圧力の中で下請企業の経営環境は厳しくなり、作業員の待遇はじわじわ悪化しているという。原発を避け、割のいい除染などの仕事に切り替える作業員たちも出てきた。
ことし4月に放送したNHKスペシャル「シリーズ廃炉への道 第2回 誰が作業を担うのか」で放送した内容に、作業員たちへの長期密着ルポの映像を加え、廃炉現場の実態に迫る。

(内容59分)

また暑い暑い夏がきます。
でも、福島第一原発の作業員さんは、全面マスクに防護服で、事故の収束作業のおしごとをされます。
ぜひ見てくださいくま。



7月はこの5つをご紹介しましたくま。
これはぜひ知って欲しい!っていう情報を見つけたら、号外出しますくま。

では次は8月の初めに紹介しますくま〜。

広告