ワンマンス・ワンアクション 2015 5月号

さいきん、ぼくもまねーじゃーさんもいそがしくて時々お休みしてごめんなさい。
今日はしょめいのお願いです。
「原発事故被害者の救済を求める全国運動第二期署名」
(かんじばっかりだー)
5月15日しゅうやく、だそうです。

呼びかけてる方が、とってもとってもだいじなことをかいてるので、こぴーさせてもらいます。

原発事故の中で5年目を迎え、今どうしてもやっておかなければいけないことのひとつは、原発事故被害者の救済のための立法だと思います。

チェルノブイリ事故後29年も経って、政権が変わろうとも支援が続いているのは、チェルノブイリ事故後5年に作ったチェルノブイリ法があるから。被害者が足りない支援を要求していけるのも、この法律のおかげ。

住宅支援、健診・医療、保養・・・。事故に遭遇した私たちだけではなく、事故後に生まれ育つ人たち、事故後生まれのお母さんから生まれてくる子どもたちにも、支援を届けていくために、「原発事故子ども・被災者支援法」の理念のもとに、具体的な支援実施のための法律が必要です。

ほんとうだ!とってもだいじ!
みなさん、↑のふぇいすぶっくにくわしくせつめいがあるので、ぜひご協力くださいくま!

広告